歯医者さんで気になる人は歯軋り対策をしてみては

歯軋りをすると自分の体重の2倍か3倍かの力が歯にかかっているそうです。そう聞くと歯って丈夫なんだなと思いますよね。瓶の蓋を歯で開ける人もいるくらいですからね。あれは見ていて怖いのですが。

 

歯の健康はストレス対策から

 

ただ、歯軋りは続けると歯にも歯茎にも負担がかかりますから、しないに越したことはありません。歯医者さんで歯軋りしないためのマウスピースを作ってくれるので、気になる人は一度相談してみるといいいと思います。寝るときに装着するだけです。最初は違和感があって眠り辛いかもしれませんが、慣れると寝るときに眼鏡をはずすのと逆バージョンくらいに自然になると思います。ストレスが原因のこともあるので、ストレスを取り除くことも大切ですね。知らないうちにストレスは体に負担をかけるのです。