負債の額

特定調停という方法も任意整理による解決とほぼ同じく、それぞれの債権を持つものに対し支払いを継続することを前置きとした債務の整理の手順のことです。

 

言い換えるなら裁判所がやる借金の整理といえるでしょう。

 

この方法も任意整理による処理と同じように破産とは違い一定のお金のみを処理していくことになりますので、他に連帯保証人が関連する借入を別として整理をしたい場合やクルマのローン以外で検討していく場合等においてでも適用することも良いですし築き上げてきた資産を手放してしまうことは要求されていないためクルマや有価証券自分の資産を保有していて処分してしまいたくない場合などでも有用な債務整理の手順となっています。

 

いっぽう、手順を踏んだ後返済していく額と実際の手取り額を比較して適切に返済の目処が立つようであればこの方法を選択することは可能ですが自己破産と異なり負債自体が消滅するということではありませんので負債の額が大きい場合においては、残念ながら特定調停による手続きを実行するのは困難になると判断することになるでしょう。

 

いっぽう、公の機関が介在しますので司法書士等に頼まなくても不利になってしまうことがないという点や手続きの諸経費を減らせるという点は魅力的ですが債権者からの督促に対して自分で対応していく必要があることや実際に裁判所に足を運ぶことが求められるなどの要素もあります。

 

また、任意整理に対して解決できないような場合は金利をすべて含めた計画で返していく必要があるといった点や最終的には債権を持つものに払う金額が任意による整理に対して割高になる傾向がみられるといったデメリットもあります。